>>はじめての方はこちら

【室内建具・収納・棚編】オプション詳細

closet

▼こちらの記事で公開した我が家がつけたオプション一覧。
invoice【保存版】採用したオプションと価格一覧

室内建具について、解説したいと思います!

室内建具

ドアやクローゼットなどの室内における建具を指します。
我が家はこの項目ではドアのみオプションを採用しました。

引き戸

単価:15,800円/個

参考プランの標準仕様では、ドアはすべて開き戸でした。
我が家は結果的に家の中の居室のドアすべてを引き戸に変更することになりました。

変更した理由は2つ。

1)廊下で衝突しないため
例えば、狭い廊下に面した子供部屋。
子どもっていきなりドアをバーンて開けたりしかねないですよね。
廊下を誰かが歩いている時に、誤って内側からドアを開けると衝突してしまうリスクを避けました。

2)室内のスペースを有効活用するため
開き戸だと、ドアの通り道には何もモノが置けません。
狭い室内を有効活用するために、引き戸を採用しました。

トイレドア

単価:11,800円/個

これは最後の最後に追加された盲点だった料金!
我が家は斜線制限がかかる家なので、2階トイレはその部分を有効するためにまさに制限がかかる部分に配置しました。
トイレの天井が斜めになるのは初めから承知してたものの、それに伴いドアもギリギリ標準サイズが入らないとのこと~!泣

高さと幅が少し小さくなったものに変更せざるを得ませんでした。
仕方ないけど、盲点でした。。

収納・棚

玄関収納やパントリー、クローゼットなど、収納に関わる部分の項目です。
オープンハウスでは様々なメーカーの収納棚を都度見積もりでつけることができます。
テレビ台玄関収納、クローゼット収納棚、キッチン収納棚など、範囲も広いです。

我が家も予算が許せば造作棚つけたいところはたくさんあったのですが、やっぱりけっこういいお値段しちゃう~。。
諦めて自分でDIYすることにしたので、結局採用はしませんでした。

一方で、標準仕様のクローゼット内の枕棚やハンガーパイプを1つずつ増やしました。

ハンガーパイプ

単価:3,000円/本

参考プランで「CLOSET」と表記されている収納は枕棚とハンガーパイプがセットになっているようです。
我が家は収納を1つ増やしたので、その分ハンガーパイプも追加になりました。

中段(収納内棚)

単価:7,000円/個

参考プランでは「STO」と表記されていた1Fの階段横の押入れ半分程度の大きさの収納スペース。
こちらは標準仕様だと中身は何もついてきません。
→すみません!上のほうの枕棚はついてきました。
さすがにそれだと不便だなと思ったので、押入れみたいにちょうど腰くらいの高さに棚を1つ追加してもらいました。

何かと重たいものや、来客用布団なんかをここに入れられればいいなと思ってます。

番外編:玄関収納

オプション代の節約として、我が家はSIC内で標準の玄関収納を活用しました。

オープンハウスの標準仕様では、玄関収納が1つつきます。

カラバリは標準床と同じ4色。

我が家はSICを作りすべて可動棚を後から付けてオープン収納にする予定だったので、この標準の玄関収納は不要かな~って思ってたのですが、
無料ならとりあえずつけといてもらおう!ということでつけてもらいました。

外から見せたくないものや使用頻度が低いものはこちらに収納しようかなと思ってます。

他にも、標準仕様でついてくる物干し金物をバルコニーでは使わないのでガレージにつけてもらったりもしました。

その辺はまた別途まとめて記事にしたいと思います。

内装編は以上です。
次回は【キッチン】についてお送りします。

invoice 【保存版】採用したオプションと価格一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です